パワーストーンに魅せられて

HOME誕生石とその効果 → 7月 カーネリアン

誕生石とその効果

7月 カーネリアン

7月 カーネリアン

縞目のない無地の「アゲート(めのう)」を「カーネリアン」といいます。
赤や、オレンジ、黄褐色、赤茶など様々な色合いがあり、力強く脈打つ心臓をイメージさせ、精神と肉体を強化しバイタリティーを与えると言われています。
また判断力を養う効果があり、情熱をかきたて、勇気、気力、活力を生み、マイナス思考を取り除く効果があるそうです。
また、好奇心を刺激して積極性を高めてくれると言われていますので、新しいビジネスに着手するときや、何かを始めるときに用いると効果的でしょう。
歴史的にも古いカーネリアンは、古代メソポタミアには既に登場していたそうです。
聖書では「全ての願いを叶える石=オデム」と呼ばれ、古代エジプトでは「罪を洗い流すイシスの血」といわれ遺跡や墓から多く発掘され、お守りとして用いられてきたようです。
「希望と忍耐を象徴する石」と考えられ、司祭の胸当てにも用いられた歴史があるんですよ。
また皇帝ナポレオンもカーネリアンの八角印章を守護石として愛用していたそうです。
ちなみに語源はラテン語の「新鮮」と言われています。
7月の誕生石としていられています。