パワーストーンに魅せられて

HOME → 歴史

歴史

パワーストーンの歴史を語るには、はるか古代まで遡ることになります。
世界各地のさまざまな民族のあいだでは、古来より宝石(貴石、半貴石)や岩石には不思議なパワーが宿ると考えられ、癒しのアイテムとして使われたり、あるいは五穀豊穣の祈りの対象として信仰されていたりもしたようです。
例えば、翡翠(ヒスイ)は古代から、願い事を叶え幸運と友情を引きつけるパワーがあると言い伝えられていますし、マヤやアステカ文明では呪術の道具としても用いられている事実があります。
そして中国では、翡翠の持つ「石の徳」が身体の中に移動すると信じられているそうです。
また、アメジスト(紫水晶)は宗教的な儀式では大切な石とされており、西洋では魔術や毒を防ぐ力をもっていると信じられていました。
この頃にパワーストーンという呼称はなかったにせよ、人々は「石の持つ特殊な力」を幾度となく目の当たりにしてきたことは想像に難くありませんね。
こういった「宝石のパワー」についての捉え方が、ニューエイジムーブメント(1980年代初期、アメリカ)とシンクロし、石に癒しの力があると解釈されるようになったのです。
その中でも、特に癒しの力が大きいと考えられ、パワーストーンの中でもメジャーになっていったのが「水晶」。
どうやら、「クリスタルパワー」という言葉が作られたのも、この頃のようです。
では、パワーストーンは日本にはいつ頃入ってきたのでしょうか?
時期としては1980年代後期から90年代前期にかけて、占星術者らによって紹介されたのがはじめのようです。
そしてそのあと瞬く間に日本にもパワーストーンブームが起こったそうです。
その後しばらくしてブームは沈静化しましたが、2000年代前期に「石の浄化」というキーワードとともに再びパワーストーンに注目が集まり、今ではブレスレットとして腕に付けている人をよく見かけますよね。
パワーストーンの呼び名ですが、「宝石名」と「鉱物名」とでは違います。
例えば、宝石名「インカローズ」は鉱物名「ロードクロサイト」で、和名を「菱マンガン鉱」と言います。
まったく同じ石でもこのように呼び名が違うことが多いのです。
さらに、「水晶」を「クォーツ」と表現されることが多いのですが、厳密に言えば、「石英」の英学名を「クォーツ」と言い、その石英の中でも美しい六角形の結晶に成長したものを「ロッククリスタル」と呼びます。
特定の産地や形状のものに独自の呼び名をつけ、商品として商標登録されているものもありますので、頭の片隅にでも置いていていただければと思います。

歴史

おすすめサイト

BMW エンブレム